--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/12/04

シュトーレン

今日は友人と久しぶりに会い、ランチに行って来ました。
お店が込み合っていて、あまり長居ができない雰囲気でした。久々なので話したいことも沢山あってランチのあと近くのスーパーのイートインコーナーに行くことにしました。
ランチを食べてすぐだというのに、生クリームがサンドされたフランスパンを食べながら
ランチにセットされていた食後のコーヒーを飲んだばかりだというのに、またもやコーヒーを飲み、お喋りに花が咲きました。
スーパー内のパン屋さんでシュトーレンの試食があって「私も作ろう」と思いたち、帰宅してから買い置きしている材料でシュトーレンを焼きました。

シュトーレン


中種は作らず、一次発酵までホームベーカリー任せ。
フィリングは市販の洋酒漬けのドライフルーツミックスとクルミ。ナッツの風味の複雑さとコクを出すためにアーモンド粉も入れました。
グリーンレーズンもあったので、お湯で洗って数時間ブランデーに浸しました。最低でも1週間以上は漬け込む方がいいのすが・・・
スパイスはいつもはカルダモンとシナモンを入れるのですが、今日はシナモンしかなくてそれのみ。
まぁ至極適当なシュトーレンです。
焼き上がってから溶かしバターをたっぷりと染み込ませ、グラニュー糖をまぶし、これでもかというくらいに粉糖をふりかけました。
熟成させて食べるのがいいらしいのですが、恐らくそんなには置いておくことができないでしょうね(笑)
一応、ラップでくるみ、その上からアルミホイルをかぶせ熟成させる風にはしましたが。。。

本当はクリスマスを待ちながら薄く切って、少しずつ食べるお菓子だそうですが私にとってはお菓子というより、パンの一つです。
ちょっと甘いけれど、朝食にしたり、お三時にしたりです。
11月終わりから12月限定で食べる菓子パンってところです。

コメント

非公開コメント

美味しそうなシュトーレン。大雑把に作られたように書いてますが、
お台所の経験が豊富なやっこ母さんだからこそ、パパッと作る事ができるんですよね。
私も久しぶりに食べたくなりました。作ってみますよ。コーヒーと一緒にいいなあ。
あっという間に師走ですね。びっくりします!!
今月も頑張って参りましょう!

ウニさんへ

お菓子作りを始めたばかりの若い頃
分量を守らないと絶対にダメだと本に書いていたので、ずっとそうしていました。
でも、年月が経つにつれ、材料を減らしたり増やしたりその変化を楽しむようになって
とんでもない代物をこしらえたことも度々でした。
今でもそうです。
このシュトーレン、珍しくまだ食べておりません。
どんな出来具合か、明日にでも切ってみようと思います。
ウニさんもシュトーレン、是非、焼いてください。
できれば簡単なレシピを~

今年もあとわずか☆がんばります(^◇^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。