--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/12

何に力点を置くか・・・

生活の何に力点を置くか考えている。
私の人生は家庭生活そのものであって、社会での顔なんてものは「○○さんの奥さん」以外の何物でもなく、もうそのことに関しては何ら疑問も悩みもなく、と言うより、そういったジェンダーの悩みはすでに突き抜けてしまった。
「はいはい、私は○○さんちの奥様でございますデス(^^)」てなもんである。
そんなことにグジャグジャ悩む年ではない。もう先は何十年もないのであるから。
そういったことはもっと若い頃に悩む事柄。私は結構、真剣に考えてみた方かも知れない。
で、出した結論は「自分が選んだ人生は自己責任。それをジェンダーに無関心な社会がそうさせたと思うのは大間違い。そう気付いたなら軌道を立て直すこともできたはずなので、しなかった(戦わなかったと言うべき?)のは自分ですわ」である。
結局、○○さんちの奥様が楽ちんだと思ったわけだ。
そして最近、この家事という苦手・・・(嫌いという方が早い(笑))な上に雑多な仕事をこなす生活そのものがわが人生であるからして、この生活の何処に力点を置くか。。。と考えるのである。
今の所「食(料理)」かな・・・・・
食べることは生きることに直結する。
誰かが食にこだわるのは卑しい、食べ物は餌なんだというようなことを書いていた。
食に興味がないのがインテリのような書き方。
美味しいものを食べたいと思うのはさもしいのかね?
私はどこそこの何が並んででも食べたいとか思うことはまずない。並ぶのなんて面倒くさい。2人待ちくらいだったらいいかな・・・調味料もお買い得品でいい。肉、魚、野菜の生鮮食品はできれば地元か国産の物がいい。でも、国産じゃお高くて手が出ないことも多々ある。その時はあっさり輸入品。お財布と相談で拘りはなし。
時には出来合いのものを買ってきてズルもする。今日のお昼は本屋の帰りに立ち寄ったコンビニの焼きビーフンだった。
でも、自分で料理する時は、作る「食べ物」が美味しくなるように努力したいし、かけるべき手間は惜しまずかけたい。
そんな風に女の人生、後半も大分、過ぎて思うのである。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。