2016/04/30

無水調理で鶏牛蒡とじゃがいもの煮物

バーミキュラで鶏牛蒡とじゃが芋の煮物を無水で作りました。

鶏牛蒡とじゃがいもの煮物
鶏牛蒡じゃがいも


肉じゃがの鶏バージョン、牛蒡入りって感じの煮物です。
ねぎの青い部分も入れるのがポイント(≧▽≦)
これはヒットでした!
素材の味がギュッと詰まっていて美味し~

バーミキュラの無水調理のコツ、ちょっと分かりました(*^^)v
スポンサーサイト
2016/04/29

無水カレー

バーミキュラを初めて使って無水カレーを作りました。
無水カレーはバーミキュラを代表するレシピで鍋に付属された本に載っていました。
材料はトマト4個、玉ねぎ3個、セロリ1本、人参1本、鶏もも300g、ローリエ

無水カレー材料

弱火で1時間加熱して
市販のカレールーを入れて予熱で10分
出来ました(*^^)v

無水カレー

あんまり綺麗な写真でなくてお恥ずかしい(^^;)

水を入れていないのに水分がジュワーっと出ています。
まぁ材料の分量からすると水分はたっぷりですね。
お味は。。。スープに野菜の甘味が出ているので市販ルーが結構辛い物を使ったにもかかわらずまろやかです。
娘は「お洒落なcafeのカレーみたい」と言いておりましたが
夫は「これ、カレーじゃない」と言っていました。
確かに、トマトの味が前面に出ていてミネストローネを思い起こす味です。
バーミキュラのオンラインストアにはバーミキュラで作る無水カレー専用のカレールーを売っています。これを使うと違うのかも知れませんが。
トマトは嫌いではないのですが、私が普段作っているカレーは肉、人参、玉ねぎ、じゃが芋、時々ニンニクをプラス程度のいたって普通の家庭のカレーです。しかも、圧力鍋で時短調理しています(>_<)
市販ルーは余り手を加えない方が美味しいとも聞きますし、昔はおろし林檎を入れてみたり、ヨーグルトを入れてみたり、インスタントコーヒーを加えてみたり色々、やってみましたが、シンプルが一番、メーカーのスパイスブレンドを信じようという結論に達しました。
夏野菜カレーの具として茄子等と共にトマトを入れる時もありますが、4個もは入れません。
夫も私も子供のころから親しんでいる普通のカレーの味に慣れていて、特に夫には大きなトマトが4個入っているカレーは不思議なカレーという感じだったのでしょう。
次回はトマトを加えずやってみようと思いますが、水分を確保するため玉ねぎは多目にしないといけないと思います。少しだけお水かワインでも加えてみようかな・・・
じゃが芋と人参の水分ってそうは期待できないような気がします。
でも、野菜の旨みを十分に引き出せる鍋であることは確認できましたし、ヘビロテしているルクルーゼと共に活躍してくれるお鍋であることは間違いないです。




保温調理をキーワードにその存在を再認識したシャトルシェフで昨日、金時豆を煮ました。
シャトルシェフの使いはじめの10年前に、よく作っていたのが煮豆です。

金時豆

豆を戻さなくても沸騰させてから保温容器に入れて約2時間の放置、砂糖を足して保温容器で30分放置でできました。
その後、室温に置いておくと味が染み込んで美味しい煮豆になりました。
若干、潰れたおまめさんもありますが・・・^^;
私はお塩の代わりにお醤油を加えています。






2016/04/27

シャトルシェフで蒸しパン

昨日、バーミキュラが届いてルンルン気分の私なのですが
まず最初に作りたいと思っている無水カレーが明後日まで作ることにならないのであります。
何でかと申しますと、今日の買い物は一昨日に済ませていて家にある材料では無水カレーは作れないのです。
ならば今日買い物に行けばいいではないかということになるのですが、現在私はお買い物に絶対に行かない日、出金ゼロと決めたら絶対にそれを守る努力中なのです(;^ω^)
明日はお買い物デーと決めておりますが、あいにく明日は娘がお夕食はいらない日です。バーミキュラ初のお料理は半分スポンサーの娘に食べさせたいので明後日以降に初料理となります。
それまではかわゆーいピンクのお鍋を眺めてニヤニヤとすることにいたします。

バーミキュラは密閉性が高いので保温調理にも適していて、ヒートキーパーなるカバーを買おうかどうか迷っていたんですが、よくよく考えるとうちにはシャトルシェフがあるんです。
シャトルシェフ

かれこれ10年前からうちにありまして、最初は嬉し気に使っていたのですが、だんだん使わなくなって棚の肥やしと化しておりました。
家を建て替えた時、捨てようかとも迷いましたが、勿体ない、いつか使うかもなどと思いキッチンの収納の高い所へ押し込んでました。これが結構、場所とるんですよね^^;
昨日、保温調理と言えばシャトルシェフだわ!と思い出したので今日、家にあるものでできる蒸しパンを作ってみました。
蒸しパン

シャトルシェフの鍋に1㎝程度水を入れて沸騰させ蒸しパン生地の入った型を入れます。露が落ちてくるのを防ぐためキッチンペーパーを間に挟んで蓋をして強めの中火で3分加熱。そのまま保温容器へ入れて15分放置。あらま☆できてます蒸しパン(*^^)v
すごく簡単で手間いらずでした。
初めてシャトルシェフで蒸し料理をしました。これなら茶碗蒸しもできそうです。ただし、鍋が小さいので数は作れません。

バーミキュラのヒートキーパーどうしよう・・・・オーナー価格で15%OFFだけど、9千円超えるもんな・・・
ちょっと悩み中

2016/04/26

バーミキュラ

1月に注文していたバーミキュラの鍋がやっと届きました。
国産のホーロー鍋で密閉性に優れているのででスープや煮物など、無水調理ができます。0.01ミリ以下の精度で削り込まれているそうで蓋と鍋がピッタリ合わさります。
日本の職人技としてTVでも紹介されたこともあって、注文が殺到したため、生産が追い付かず納期が当初の予定から大幅に遅れました。

このお鍋をTV番組で知った時、どうしても欲しくて欲しくて・・・
娘に話したらお誕生日と母の日のプレゼントを兼ねて半分、出してくれると言ってくれました。ヤッターっ!すぐにメーカーサイトへアクセスしてお買い物かごへポチッ (^^ゞ
ちょっとお高いですが、一生使えるお鍋です。メーカーの方でも「一生使える鍋だから一生お直しいたします」とサポートもばっちりなんです。

バーミキュラ



納期が遅れたお詫びにとオンラインストアで販売されているレシピ本を一冊付けて下さいました。右のがお鍋に付属されている本で左のがプレゼントの本。

レシピ本

別料金で蓋にネームを入れてもらいました。色も好みのパーリーなピンクです。待ちに待った私だけのお鍋です(*^^*)
ちなみに今注文すると納期は来年の1月だそうです。

2016/04/06

何か月ぶりでしょう???

ブログの更新、半年ぶりです(^^;)

先月、母の一周忌を終えました。
筍が出回り始めたので私にとっての母の味「おもぶりごはん」を作りました。

おもぶりごはん

筍とわらび、じゃこ天、松山揚げを煮て、最後に縮緬雑魚を加えた具を混ぜ込む山菜ごはんです。
もぶるとは此方の方言で混ぜることで、最近ではあまり聞かなくなりました。
でも、料理の名前として「もぶりごはん」「もぶり飯」などと残っていて、具は山菜の他、干し椎茸や人参、牛蒡などを使うこともありますが、大体、甘辛く煮つけた具を混ぜます。松山だけでなく広島の方でも「もぶりごはん」があるらしいです。
私の母は「おもぶりごはん」と言っていて、そう呼ぶごはんは筍とわらびのご飯でした。
今日の出来栄えは。。。母の味そっくりです(^^)

山椒

うちの山椒の木、大きくなりました。
柔らかで綺麗な若葉が出ています。
今日のおもぶりごはんにちょっとあしらうといい感じになりそう(≧▽≦)
去年、アゲハチョウの幼虫に荒らされたので、今年はアゲハに負けないぞ!!

先月の私のお誕生日に、夫からデジカメをプレゼントしてもらいました。
自撮りができるコンデジです。
今まで使っていたのが、昨年11月に沖縄旅行に行った際、壊れちゃったんです。写真は撮れるのですが、電池の蓋がゆるくなちゃってすぐにパカパカ開くようになりました。
一眼レフを使いこなすほどの腕もないし、そこまで値の張るものはねだることもできませんし、今まで使っていたCasio EXILIMのちょっとだけいいのにしてもらいました。
これで、またブログ更新が楽しくできます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。