2013/04/14

山菜おもぶりご飯

山菜おもぶりご飯

一昨日の夜、わらびのアク抜きをして、前に茹でていた筍、おあげ、ちりめんじゃこと一緒に具を炊き「おもぶりご飯」を作りました。
愛媛では「混ぜる、まぶす」ことを「もぶる」と言い、混ぜご飯を「もぶり飯・おもぶり」と言います。
私が子供の頃から春になると母が筍とわらびで「おもぶりご飯」をよく作ってくれました。
山菜の他に干し椎茸、人参、ごぼう、練り製品などを具にして混ぜることもあります。この具に海老や穴子などの魚介類、絹さやなどの青いものを足し、甘目の寿司飯に混ぜると松山のお寿司になります。
このお寿司は「もぶり寿司」とも呼ばれ、夏目漱石が正岡子規宅で振舞われたそうです。私の実家では「もぶり寿司」ではなく「ばら寿司」と呼んでいましたが、どちらの呼び方もするみたいです。
具の油あげは「松山あげ」という乾燥したおあげをよく使います。松山あげは油抜きの必要が無く、風味がすごくいいんですよ。とても便利な「おあげ」です。
松山揚げ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。