2013/01/29

明るい主婦

go man !


最近、私は家事を楽しみながらやることを模索しています。
主婦暦30年超というのに今更遅いような気もしますが、実はまだまだ先は長いと思っているのです(笑)
若い頃は「家事が大嫌い」だなんて怖くて言えませんでした。ちょっと良妻ぶっていたような気がします。
それが年月を経るとともに厚顔になって「家事大嫌い」「めんどくさい」と言い放つようになり・・・
そして本当に、三色昼寝つきで最低限のことしかしないオバサンになっていました。
どうせやらなくてはならない家事なら、楽しめば?
このことが、いつも頭の中をめぐっていました。
体力的にきついのなら、楽にやれる方法を考えればいい。面白くないのなら、ウキウキやれる方法を考えればいい。
家事だっていくらかは、クオリティコントロールが必要ではないかと思うのです。
ひとりQC活動だ!
それで、最近は台所仕事をする時、好きな音楽をBGMにしています。
よく聴くのがSONNY CRISSのサキソフォン。写真のアルバム「go man !」です。
詳しくはないのですが、ジャズは好きです。
このアルバムジャケットもかっこいいでしょ?
ボーダーのセーターを着た女性が男性に「あんた、行って!」とでも言っているような感じ。
一番最初のサマータイムは今まで聴いたことがないような軽快さです。ボーカルが入ったりすると、ちょっとモッタリした感じなのが多いと思うのですが、これは軽くて思わず体がスウィングしちゃう(^^♪
いい感じにノリノリでお皿洗っていますの~

これから老後、なんてことも真剣に考えなくてはなりません。
私は最後の瞬間まで家庭の主婦なんだと思います。
だから、家事のエキスパートとまではいかずとも、家事を楽しむ術を知った“明るい主婦”でいたい・・・いえ、まだまだなので、そうなりたいと思います。
スポンサーサイト
2013/01/28

アップルマフィン

10日以上前のりんご。
今は、かんきつ類ばかり食べていて、りんごは忘れがちなんです。何せ、愛媛はみかん所ですので。
食べなくちゃと思いつつ放置しておいた1個をやっと食することに。
そこで、りんごを入れたマフィンを焼くことにしました。

アップルマフィン


<材料>直径7cmマフィン型6個分

無塩バター 60g
砂糖    50g
小麦粉   120g
BP 小匙1/2
卵     1個
牛乳    60CC
くるみ   40g

(りんごフィリング)
りんご  1個
砂糖  大匙1.5
シナモン お好みで適宜
バター 大匙1

<作り方>

①りんごのフィリングを作る
 りんごの皮をむき5~6mm角くらいのあらみじんにする
 バターを熱し、りんごを投入
 こがさないようにさっと炒め、砂糖を入れ蓋をして弱火で7分
 りんごが透明になったら火を止め好みでシナモンをふりかけ混ぜる

②バターをレンジで柔らかくし砂糖を加え、クリーム状にし、溶いた卵を少しずつ入れて分離しないように攪拌する。
③ふるった粉類を②に半分入れ混ぜる。
④牛乳を半分③に入れ混ぜる
⑤残りの粉を入れ混ぜ、残りの牛乳を入れ混ぜる
⑥りんごのフィリング、くるみを入れて混ぜる
⑦マフィン型に等分に入れ、くるみを乗せる
⑧180度のオーブンで35分焼く

りんごに砂糖を使っているので、生地の砂糖は控えめにしました。
くるみが香ばしく、表面はサクッと、中はしっとり甘酸っぱくて美味しかったですよ (^^)
そうそう、私は少量の生くるみはフライパンで焦がさないように乾煎りして使っています。オーブンでローストするより早いし簡単です。

             ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


今日、うちの太陽光発電が電力会社と連携できました。
これで、昼間の電気代が少し軽減されそうです。
電気オーブンを使っているし、暖房もがんがんつけているので冬は売電するまでには行きそうもありません。
なるべく、モニターと睨めっこしてオーブン使用の時はエアコンを弱めるなど、対策を考えたいと思います。

2013/01/27

フルーツケーキと誕生日

フルーツケーキ

昨日、朝からフルーツケーキを焼きました。
友人の誕生日だったので、プレゼントに焼こうと思い、ついでに自分のおやつ用にも。

フルーツケーキ2
ガーベラを添えてもう1枚(^^)
少しは膨らみが分かるかな・・・
夕方、友人宅に黄色いチューリップの鉢植えと共に持って行きました。
夜遅く、彼女からメールが。
「ハッピーバースデー」と歌いながら切って食べたこと。美味しかった、娘さんからの孫写メに添えられた「オメデトウ」の文字でだんなさまがやっと気づいた誕生日だったので嬉しかった。という内容が書かれていました。
そうなんですね。。。。
この年になると奥さまの誕生日を忘れているだんなさま多いんですよね~(-_-)
人にもよるでしょうが、うちのヒトも家の各種記念日、忘れてしまっている方。
流石に娘たちはきちんと覚えていてくれます。
そして、友だちも。何歳になってもお互い、バースデーカードやメールだけでもいいから誕生日を祝いたいと思います。

2013/01/25

世界規模なお話と技術革新(笑)

ミックスレーズンロール


先日、塗り卵の失敗でムラのひどかったレーズンロールですが、昨日はミックスレーズンを入れて焼いてみました。今回は艶まずまず。
表示を見ていたらミックスレーズンって其々、産地が違うんですね~
普通のレーズンはアメリカ、ゴールデンレーズンはトルコ、グリーンレーズンは中国ですって。
アメリカからヨーロッパ、中国と大陸を横断し本当に地球を一周して日本へやって来たみたいな・・・
なんだか、規模が大きな話になりましたが、私たちの衣食住すべて、こんな感じに世界的規模なんですよね~
見たこともない国、会ったこともない人々が作って下さるものをお金という対価を払ってはいますが、食べて着て、使うことができる。不思議といえば不思議な関係。

我が家の近くのスーパーに、お野菜の生産者コーナーがあります。殆どご近所の農家の方が作ったお野菜です。
小規模なファーマーズマーケットといったところです。そこには生産者の方々の写真がありまして、見たことがあるおばあちゃんやおじさんのお顔があります(^^)

ほうれん草


これはそこで買ったほうれん草。「畑で収穫してすぐに持って来ましたよ」みたいに、泥がついていて柔らかい雑草も一緒に入っていました。
現在、スーパーの売り場に並んでいる他県産のほうれん草は一束198円。このほうれん草は120円。写真は二束分です。お買い得だし、新鮮だし、言うことなし(~o~)
昨夜は胡麻和えにしまし、今日のお弁当にはお浸しにして入れました。

なんだかとりとめもなく、書いてしまうのですが、最近、私は床に座ってアイロンがけするのが腰が痛くて苦痛で仕方なかったのです。正座したり、横座りしたり、足を投げ出したりと体勢をあれこれ変えてやっていました。
まぁ、アイロンがけするものを溜めるのが悪いんですけどね。
旧い家は畳の部屋が多かったのですが、建て替えた今の家は日本間は一部屋のみ。あとは全部フローリングです。コレを機に欧米の主婦みたく立ってアイロンがけをしよう!ということでスタンドアイロン台をアマゾンに注文したのが昨日、届きました。

スタンドアイロン台

立ってアイロンがけしてみましたが、それもしんどく・・・椅子に座ってできる高さに調節をしますと、これは楽っ!
こんなだったら、もっと早く買っておけば良かった~
家事があまり好きではない専業主婦の私ですが、こうなったらとことん、家事が少しでも楽になるよう、知恵と道具を使ってみたいと思います。これは贅沢ではない、革新、進歩なのだと思います。
家事にもイノベーションを! です(^^)v
2013/01/22

雨の日でもハッピー(^^♪

日曜日に焼いたハッピークッキー。
HAPPYの文字型をスタンプして焼いただけなんですけどね。。。
でも、四葉のクローバーとハートとスマイルの型抜きで幸せ~な気分。
友達へのお土産にしました。

ハッピ^クッキー


そして昨夜、お弁当用に作ったきんぴらごぼう。
今回は娘が好きな千切りで。ささがきにする時もありますが、娘は千切りの方が歯ごたえがあって好きなのだそうです。

きんぴらごぼう



今日の愛媛は雨模様。
洗濯どうしよう・・・
ま、がんばっていきまっしょ! 雨の日でもハッピー(^^♪
2013/01/19

ソーダブレッド

りんごとレーズンのソーダブレッド


りんごとレーズンを入れたソーダブレッドを焼きました。
ソーダブレッドは作り方が簡単で素朴な味。パンやお菓子の原点みたいな感じです。
外はかりっと中しっとり~
薄い生地にして両面焼けばフライパンでも焼けますよ。

<材料>
りんご2/3個(小さかったら1個でも)
レーズン 50g
小麦粉 250g
ベーキングパウダー 小さじ1
重曹  小さじ1/2(ない時は全部BPでもいいです)
牛乳   140cc
砂糖    40g
バター   55g
塩   ひとつまみ

<作り方>
①りんごは皮つきのまま薄い銀杏切りにする
②バターを溶かしておく
③粉類をふるっておく
③牛乳に砂糖と塩を入れと混ぜて溶かし、②のバターを加え混ぜる
④③にふるった粉を入れ混ぜる
④りんごとレーズンを加え混ぜる
⑤オーブンシートを敷いた天板に丸く乗せて表面を平らにし170度のオーブンで35~40分焼く



ハニーローストピーナッツ
↑↑昨日カルディで買ったハニーローストピーナッツ。私、コレ大好き!もう、殆ど食べてしまいました。
カロリー高いです。太っているヒトは太る食べ物がすきなのです(ーー;)
2013/01/18

チョコナッツクッキー

チョコチップナッツクッキー


チョコッチップとアーモンドのクッキーを焼きました。サクサクして美味しかったです(^^)

サクサクおいしかったのでレシピを載せますね。

<材料>焼き上がり6~7cmのクッキーが15枚分

無塩バター100g(私は半分、ショートニングにしました)
砂糖 80g
小麦粉 180g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
全卵 1個
チョコチップ 40g
ナッツ適宜(私は家にあったアーモンドスライスを使いました)

上記を普通のクッキーを作る要領でやわらかくしたバター、砂糖、卵、ふるった粉の順に混ぜて、ボール状に丸め押して5cm位の円形にし、170~180度のオーブンで15分焼くだけです。
焼くと大きくなります。
食べごたえあります。
チョコチップの代わりに板チョコを荒く切ったのを入れてチョコチャンククッキーにしてもいいかな(^^♪



2013/01/17

手が乾燥します

年齢は手と首に現れるといいます。
昔は綺麗だった手が今ではすっかり細かい皺とシミだらけになってしまいました。
首も大きな皺はないものの、皮がたるんでおりまして、いつかはしわくちゃになるのではないかと恐れております。
40代の頃はアンチエイジングを意識しておりましたが、現在はあまり考えていません。年相応が一番だと半ば開き直りの状態です。皺やシミがあっても綺麗な老婦人は沢山いらっしゃいます。生き方の問題なんだと思います。
とはいうものの、手の乾燥が尋常ではありません。カサカサというよりはガザガザ、カチカチ。
家が新しくなってから、全電化になりましたが、暖房もエアコンのみで部屋がひどく乾燥しています。
今までの加湿空気清浄機では間に合わず、大きいのを買いましたが、それでもまだ乾燥するので2台同時運転しています。
うちのプラズマクラスター、頑張ってくれてはおりますが、現在、湿度39% 
エアコンを止めるとすぐに上がるんですが。

ハンドクリーム


これは私が現在、使っているハンドクリームの数々です。
洗面所、台所、リビング、鏡台、バッグの中など色んな場所に置いています。
左から2番目のはOPIのアボフレックス。ハンドスクラブです。手のガザガザやくすみが気になったとき、使います。いくら保湿成分が入っていて手に優しいとはいえ、手肌への負担は否めないので最終手段として使います。
この家に住み始めてから主人もハンドクリームを塗るようになりました。
主人のお気に入りは左から3番目のパピリオのハンドマッサージエッセンス(薬用)です。
見ていて笑いたくなるほど、ほんの少量をすり込んでいます。
2013/01/16

レーズンロールとイチゴタワシ

レーズンロール


久々にレーズンロールを焼きました。
お味の方は美味しくできましたが、塗り卵がむらになって艶が綺麗に出ませんでした。
夕方、外構の業者さんがデザインの図面を持って来てくださることになっていました。うちは対面式のリビングダイニングなので、業者さんが来るまでには焼き上げておこうと二次発酵後すぐに慌てて卵を塗り、即、焼成に入ったのが失敗の原因だと思います。
二次発酵後少し表面が乾いたくらいの時、丁寧に塗り卵をし、ゆっくりと焼きに入れば、こんなムラにはならなかったと思います。
ま、美味しいからいいか・・・


イチゴのエコタワシ

そして今日はまたまたアクリルタワシを編みました。
これも、葉っぱ型と同じくよそ様のブログを見ていて「可愛い!」と思い、文章の説明を読んで分かった気になって編みましたが、このタワシは編み方に大きな間違いはおかしていないと思われます。
大体、思った通りの仕上がりです。
ピンクの方は赤よりも太い糸で編みましたのでちょっと大きく仕上がりました。

今日プロフィールの言葉を少し変えてみました。
自分の今現在の状態は自分が選択したことの結果です。自分が選び取った人生だと言えます。そのことに責任を持ちたいと思うのです。
他人や社会のせいにせず、自己責任ということをもっと考えてみたいと思います。
自分の力だけではどうにもならない周りを変えなくては良くならないことは戦うしかないですね。
それが政治なのかも知れないし、社会活動なのかも知れない。あるいは夫婦喧嘩・・・?(笑)
夫婦喧嘩は犬も食わないとして、そういう自分以外の何かとの戦いは普段の暮らしの中ではあまりないような気もします。
今日はパンがうまく焼けた。今日は可愛い物を作れた。なんとも平和ではないですか。そんなホノボノ穏やかな暮らしをもっと見直してみたいと思います。
2013/01/15

スマイルクッキー

スマイルクッキー

スマイルクッキーを焼いてみました。
笑顔、えがお、エガオ・・・
見ていると自分も笑顔になってきます(^^)
食べてまたにっこり(#^.^#)

私の型抜きクッキーのレシピを載せますね。
とても扱いやすい生地です。

<材料>天板2枚分
無塩バター 60g
ショートニング 60g
(無塩バターだけ120gでもいいですが、油脂を一部ショートニングにすると軽い仕上がりになります)
粉糖(上白糖でも可)  85g
塩   ひとつまみ
全卵  1個
小麦粉 250g
好みでバニラオイル

<作り方>

①バターとショートニングを常温でやわらかくする。もしくは電子レンジで30秒加熱、溶かしてしまわないよう様子を見ながら10秒ずつ追加。
②①に粉糖を加えクリーム状になるまで混ぜ、溶き卵を少しずつ加えながらしっかり攪拌。
③②に塩ひとつまみと好みでバニラオイルを適宜加えて混ぜる。
④ふるった小麦粉を③に入れ、まとまるまで混ぜる。
⑤生地をまるめてラップでくるみ冷蔵庫で一時間ほど寝かせる。
⑥麺棒で3mmほどに伸ばし型抜きし、180℃のオーブンで15分程度焼く。(温度、焼き時間はご自分のオーブンに合わせてください)

私はしっかり焼いて焼き色がついたクッキーが好きなので、15分は焼きます。

このクッキーの抜き型は100円ショップのセリアで買ったものです。
お値段もお顔もかわいいでしょ~?(^^♪
新しい家になって初めて焼くクッキーです。
これからまたどんどん、お菓子やパンを焼きたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。