2011/12/31

大晦日ですね

かんぱち

娘婿から今日、かんぱちが送られて来ました。
大きさを計ってはませんが、箱が70センチですから全長60センチというところでしょうか。
あまり上手ではありませんが、なんとかさばきました。お刺身がたっぷりとれます。
今日は夕飯で1/4身、刺身にし、アラ炊きもして食べました。
心配していた大掃除もなんとかし終え、黒豆も一昨日から炊き始め、今朝まで味をしみこませて、いい具合になっています。
毎年のことですが、紅白をゆっくり見ることもなく、まだまだ煮炊きをします。
ゆっくり出来るのは年が明けてからかな・・・
さて、もうひと頑張りするとします。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
スポンサーサイト
2011/12/29

お正月の花

お正月花

今日は娘と一緒にお正月のお花をいけました。
今朝、近所の生花店へ行って、二人で花を撰んだのですが、もう大分、品薄になっていました。
左のピンクッションが中央にある花が娘がいけた花、右のワッサーっと達磨南天が目立っているのが私がいけた花です。画像では切れていますが、右方向に枝物を張り出していけています。上の写真撮影以降、手を加えたので、今は少しですが変わっています。
正月花
娘のは玄関に、私のは床の間に置きました。
私は数えの12歳で花鋏を握り、14歳から本格的にお稽古を始めました。一応、池坊の正教授一級免許を持っています。途中、仕事や家事育児の都合で休んだこともありますが、三十数年、華道に親しんで来ました。
私の師匠が老齢のため、今年、引退され、私もお稽古や講習会からは遠ざかると思います。でも、一生、花はいけて行きたいと思います。
昔は自分もお弟子さんをもってと考えていましたが、お教室を開くということはなかなか難しいことです。今はフラワーアレンジメントが好まれているようです。娘がいけた花も花器こそ華道のお生花(池坊では「しょうか」と読みます)用のですが、花材はピンクッション、ワックスフラワー、ヒペリカム、かすみ草と洋花でフラワーアレンジメントの要素が強いと思います。
私がいけたのは枝物はなんだか良く分かりませんが(恐らくハナミズキかと)、松、千両、菊、葉ぼたん、達磨南天と和物ですが、いけ方は古式のお生花と新しい自由花の中間所です。少し立華の役枝に近い物も含んでいます。
結局、基本にとらわれないアレンジなので、これも所謂、フラワーアレンジメントなのかも知れません。
久々に好き放題、花を選んで、お財布は寂しくなりましたが、楽しかったです。
2011/12/28

お正月リース

クリスマスリースに使った残りの薩摩杉の枝をお水につけていたのですが、まだまだ元気で綺麗なんです。
それで、お正月用にリースを作ってみました。
マツボックリとサンキライの赤い実はクリスマスのを再利用。あとは100均で買った松竹梅のピックとラメの麦の穂、紅白のもち花、金銀の水引、折り紙の末廣です。
お正月リース


娘からは不評でしたが、お正月、このくらいは飾り立てた方がお目出度いと思いまして・・・
画像では分かり難いですが梅やもち花のピンクが鮮やかで結構、お派手目です^^;
玄関ドアはお正月っぽくなりましたが、家の中は大掃除が全く手付かずのままです。今日はもう何もできないでしょうから、あと3日しかありませんね。
大晦日はすっかり大掃除をやり終えていて、お正月の買出しと、おせち作りに精を出すというのが理想なのですが、無理かも知れません。
トイレとお風呂場だけは磨くつもりです。水周りが汚いのは新年早々、気持ち悪いですもんね。もう見える所だけ綺麗にすることになりそうです。
あ・・・・でも、昨日、台所の不用品を片付けました。食器や密閉容器などの使っていないものを捨てることにしたのです。前に比べて食器棚は、すっきりしています。
あとは換気扇の掃除と床の水拭きで台所の掃除はおしまいにしようっと。
玄関と床の間に花を生けて、鏡餅を供えて、その位でいいかな・・・・・・いいことにしよう。
やり始めたら押入れや箪笥の中の整理までしそうなので収拾がつかなくなる恐れがあるんですねぇ、私の場合。
何でもやるとやらないとの落差が激しく「そこそこ中庸なのがよろし」というのができないので、時間がない時は手をつけないのが一番なのです。
そして何時までも手をつけないので、片付かないままなんですね~(笑)
お正月の神様、こんな私の所へも来て下さるのでしょうか?
2011/12/26

頭の切り替え・・・

寒いですね~
クリスマスの飾り、全部、片付けました。
リースは薩摩杉の緑が綺麗なままでしたが、流石に長期保存は無理なので取り除きました。
リース台と造花の類で次も使えそうな物は、他の飾りと一緒に段ボール箱に収めました。
さて、次はお正月準備ですね。
頭を切り替えなくてはなりませんね。
大掃除もあるし。。。
でも、何もする気になれず、今日は一日ごろごろとしていました。
なんだか、胃腸の調子がよくありません。
主人は「今年、最後の飲み会」だそうです。←ホントかしら?
雑炊でも作ろうかな~
2011/12/23

地産地消のクリスマスケーキ

クリスマスケーキ


クリスマスケーキを作りました。お味の方はとってもいいんですけどね~デコレーションが今ひとつ、、、
今日のはクリームも艶出しのナパージュもちょっとゆるかったです。
「ゆるけーき」ですね(笑)
ゆるいと気付きながらも、そのまま作業を進めるのが私流^^;一度進んだら引き戻せない亥年じゃ!

ケーキに飾った苺とキウィは愛媛県産です。
みかんの産地として有名な愛媛ですが、キウィの生産量が日本一だってご存知でした?産直市に行くと小さいですけど、袋に5、6個入ったキウィが100円位で売られていたりするのですよ。
そうそう、ジェノワーズに使った小麦粉も愛媛県産の地粉です。
小麦ではないですが愛媛県は麦味噌になるハダカムギの生産量も日本一です。余談ですが、うちでは毎年、仕込み味噌を15キロから20キロ、近くの農協から購入して家で熟成させて使っています。

ちなみに、これ、愛媛県のゆるきゃら「みきゃん」です。

             みきゃん

レシピ応募の賞品のサントリー金麦が今日、届きました(^_^)
金麦届きました


2011/12/19

おおお~~失敗した~

フランスパン失敗作


今日は午後からこのフランスパンにかかりっきりであったと言っても過言ではございません。
発酵中はご飯食べたり、ネットを見たりしていましたが。
フランスパンを焼いたのは実に十年振りです。
布取り用の帆布もいつの日かの出番に備え何度か洗ってはおりました。
先日、製菓材料店でモルト粉を見つけたので、フランスパン用粉のリスドオルと一緒に買いました。
そして、今日、焼いてみました。
結果はこれです。あんまりクープが開いていません(-_-;)
もっとこうパックリと口を開けて欲しかったんですーーー
それに、膨らみが悪い。私の体つきに似合わず、すっごく華奢なパンになってしまいました。
成形段階で生地をいためつけたせいかも知れません。思いきりパチパチやってしまいました。先ほど、You Tubeで見たら、ペチペチ、ペタペタとすごく控え目なかわゆい音で叩いていました。
やはり、自己流ではアカンちゅーことでしょうか?
外はカリッとしていて中はもっちりだけど、もっちりし過ぎなんですよ。
焼けた時、ペキペキとかピキピキとかの音も聞こえやしませんでしたのーー
ああ、ちかいうち、リトライだぁ~!
なんか、今日は落ち込んだよ~~~
2011/12/18

豪勢なバナナブレッド

バナナブレッド


先日、実家の両親がバナナを1房持ってきました。小さめですが20本のバナナです。
なんでも新居浜にあるイオンモールで50円で売られていたとか。
それにしても安すぎるーっ!
父の友人ご夫婦と忘年会を兼ねて車で観音寺に旅行に行って、帰りに寄った時にみつけたらしいです。
他にも道の駅で買ったお野菜を沢山、持ってきてくれました。
20本のバナナは食べ切れそうにもないので、豪勢に?5本使ってバナナブレッドを焼きました。
クリスマスの飾りと一緒に撮影してみました~

banana bread

こちらは急に食べたくなって作った鶏レバーの照り煮。
ハツもついていました。
レバー照り煮


私はトリガラがどうにも気持ち悪くて触れないのですが、レバーは触れます。ヘンですね~
今日、鶏レバーはグラム39円。1パック137円のを買いました。はい、節約、節約っと(^_^)
2011/12/17

観光客気分~

日付が変わったので昨日のことになりますが
次女がお歳暮代わりにと道後山の手ホテルのクリスマスランチをご馳走してくれました。
昨年の暮れは瀬戸内風仏蘭西料理のお店に連れて行ってくれたので、今年は私の希望でホテルランチにしてもらいました。
一応「お洒落して行こうわいね~」ということで、新しい着物のしつけをほどき、新しい草履をおろしました。
帰りにドアマンの方に写真撮影をお願いしました。

道後山の手ホテル


道後温泉本館
観光客気分で娘のスマートフォンで撮影

ホテルを出て道後温泉の本館の前から駅まで、商店街を歩きました。
「竹屋」という竹細工のお店で蜜柑を入れる籠を買いました。

炬燵に蜜柑。おお、これぞ日本の冬!
竹の籠

前にもブログに書きましたが、松山の竹細工は優秀なのだそうです。古くは推古天皇の時代に宮中の御簾を献上したという記録が新古今集に残っているとか。
でも、今日、お店の方から松山の竹細工職人さんが激減し、今では九州の職人さんに頼んでいる物も多いのだそうです。
この籠も九州の職人さんの手によるものかも知れません。
今は青竹ですが、時と共に黄色く変色し、そのうち艶が増してくると思います。
うちの10年以上使っている飯籠も最初は青竹だったのですが、今では黄色から茶色っぽくいい感じになっています。

道後の駅から路面電車で繁華街へと行き、松山全日空ホテル内のショップで長女へ送るクリスマスプレゼントと主人のセーターとマフラーを買い、のどが渇いたので一休み。次女が学生時代、友達とよく行ったという「フルーツパーラーみしま」でフルーツパフェを食べました。

フルーツパフェ

お腹が一杯になるほどの新鮮な果物。これで850円はお得だと思います!

明日の朝食用に焼いたhanaさんに教えていただいたナテラロール。
讃岐の象谷塗りの菓子鉢にのせてみました。う~ん・・・ちょっと似合いませんね~^^;
ナテラロール
2011/12/15

ダイヤモンドシャープナー

ダイヤモンドシャプナー

もう、お使いの方は多いと思いますが、これ、包丁研ぎです。
近所のスーパーの隅っこに置かれたワゴンの中にひっそりとありました。
お値段はなんと580円!
今まで、砥石やセラミックシャープナー、回転式シャープナーなど包丁研ぎは色々と試しました。砥石の場合、角度や力の入れ加減がよく分かっていないので、刃こぼれさせることが度々でした。
セラミックや回転式のシャープナーも使い勝手が今ひとつ。
そして昨日、偶然見つけたこのダイヤモンドシャープナー、通販でよく見かけますが、580円では売っていませんよね。使ってみると3回ほどサッサッと包丁をなぞるだけで、すごく切れ味がよくなったんです!
鶏ももがびっくりするくらいスパスパ切れました。
この580円侮れません。
なんか、いい買い物をしたな~とひとりご満悦なのです。
こんなちょっとしたことに喜びを感じられることは幸せなことなんでしょうね。
故立川談志さんが「幸せの基準を持たなくてはならない」と仰っていました。
自分はこれとこれがクリアできれば幸せ。あとはオマケみたいなもの。そう思えるようになりたいです。
欲すべてが悪だとは思いませんし、高みを目指すのも大いに結構だと思います。
でも「知足」ということも大切なのではないかと思います。
難しいことですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。