2011/10/14

ブログの効用

私がブログを再開した理由は、こうやって自分の思いを文字にすることで自分の本当の気持ちを再確認するためです。
家にじっとおりますと、日々何も考えず、ただTVを見たり家事をこなしたりしています。
そして、時々「なんか、違うなぁ・・」と考え込むのです。
ブログを始めても載せられることには限界があります。ネットの怖さは承知しているつもりです。
それに何でもかんでも曝け出すことは本意ではありません。
ブログには、大体、料理にしても手芸作品にしても、そこいら辺を片付けて綺麗なクロスを敷て撮影した画像を載せます。だから、なんだか「素敵」に見えることもあるかも知れません。でも、決して生活全体が素敵なわけじゃない。
お菓子を焼いた、パッチワークをした、といってもその過程はヒッチャカメッチャカだったりします(笑)
でも、あえてその辺りは伏せておく。
これは美意識というもののようにも思うのですが、如何でしょうか・・・?
以前、ホームページを持っていた時、自分のことを「いいとこだけ見せて、エエカッコシィやなぁ」と思ったことがありました。
そうやって照れるから、ぶれるんじゃないかと思います。
手の込んだ料理や手芸作品を作っているのも自分なわけです。そして、そんな自分が好きなのです。
そう、こうやって書くことで自分の方向性が見えてくる。
ブログにはそんな効用があるように思います。

さて、私が今日作ったお弁当を載せることにいたします。

1014おべんとう


緑のお弁当箱が主人のでピンクのが娘のです。
主人のお弁箱はディズニーのオズワルドのです。少々幼稚かとも思いましたが、大きさが主人の要望に丁度ぴったりで2段目のおかず入れの蓋が割合ときっちり閉まるのでこれにしました。
娘のは幼稚園児が持って行くくらいのサイズでご飯はお茶碗に一杯分も入れません。
おかずの内容は、昨日のヒレカツを卵とじしたもの、ほうれん草とベーコンのソテー、きゅうりもみ、玉子焼き、塩鮭、しば漬け、プチトマト、主人は梅干、娘はおかかの佃煮です。
梅干が出べそみたいですね。とっても大きな南高梅のつぶれ梅です。ハチミツが少し入っていて食べやすいです。
娘のご飯に乗せているおかかの佃煮はヤマキので一袋500円で沢山入っています。ご飯が進むお味です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。